通信費の節約には格安スマホの検討を

私は今までソフトバンクでiPhoneを利用していました。私は小さな子供のいる専業主婦で、スマートフォンはほとんど使いませんでした。使うとしたらインターネットを見るのとスマホゲームを少しするくらいでした。家にパソコンがあるのでわざわざスマートフォンでインターネットを見る必要もなくスマホゲームも暇つぶしにしているくらいでした。通話は1ヶ月に1~2回くらいでした。こちらから電話をかけるときは固定電話を使っていました。スマートフォンをほとんど使っていないのに月5000円くらい払っていました。

iPhone4sだったので機種変更をしようと思っていたのですが、特別iPhoneにこだわりがあるわけでもなく、ソフトバンクも20年くらい契約していましたが、これといった割引もなくソフトバンクと契約を続けていく意味がないのではないかと思い、格安スマホに乗り換えることにしました。始めはイオンモバイルにしようと思っていたのですが、サービスが始まったときに受付が混乱していて、受付停止の期間が長かったのでイオンモバイルは諦めました。楽天をよく利用しているので、楽天モバイルにすることにしました。楽天モバイルは楽天のポイントで支払いができるのがいいところです。格安スマホはキャリアメールが使えないのが不便かなと思いますが、ラインがあれば問題ありません。

料金は月3000円以上安くなったので大満足です。もし通信料の節約をしたい人は格安スマホを検討してほしいなと思いました。

節約したい、貯金したい、違う!するんだ!

したい、したい、ではなかなかお金がたまらないことに気付こう、私は500円玉貯金を積極的にしています、500円玉がお釣りで出るよに小銭を有意義に使い、500円玉を使うなら千円札を大いに使います、千円札を使うとお金が減ったように感じますが、サイフに500円玉が2つあるなら500円玉貯金に2枚とも回します、この日は千円も貯金に回せたことになる!快感になりますよチリも積もればです!

私は1年ほどで5万貯めますそれも!500円玉貯金だけでです!「私なりにすごい」思ってます自己満ですが、2年で10万500円玉貯金だけでです普通に過ごしていては2年で10万貯めるのは、貯まりません

積極的に500円玉を作り貯めてる間は絶対に500円玉を使いません、サイフに500円玉があるとテンションがあがります。

私は本タイプの500円玉貯金用のキットを使ってますがページが変わるたんびにテンションが上がります

500円玉でテンションも上がります「笑」いろんなタイプの500円玉貯金用のキットがありますぜひ活用し、何度も使えるタイプを選び500円玉貯金を楽しんでお金を貯めてほしいです!

私は500円玉貯金の本タイプの物を3回使いまわしてます!

ポイントサイトの100%還元で無料で商品を購入

毎日必ず行うお買い物。少しでも節約したいし、1円でもお得にお買い物したいと思っています。そこで私がいつも利用しているのがポイントサイトです。ポイントサイトといえば、会員登録やアプリダウンロード、お買い物などでポイントを稼ぐことができるサービスです。その中でも、特に節約志向の人向けの貯め方が「お買い物で貯める」ことです。日用品や洋服などの日々のお買い物を、ポイントサイトを経由してインターネットから購入することで、数%分をポイントとして還元してもらえるので、結果的に安くで購入できることになります。

購入するサイトにもよりますが、通常は1%~10%程度のポイントが還元されます。ですが、ごくまれに特定の商品だけ超高還元率のときがあります。とくに化粧品や美容クリームなどの女性向け商品が高還元率になる場合が多く、中には100%以上ポイントが還元される場合があります。つまり無料で商品を購入することができるということです。

高還元率になる商品のほとんどが、2000円~3000円の商品です。普段なら少し手を出しにくい商品でも、無料で購入できたり、半額やそれ以下の値段で購入できるので、私の場合は興味があったけど購入する勇気が出なかった「青汁」や「サプリメント」「化粧下地」などを無料で購入しています。

身寄りからケチといわれるほど節電にはげんである

所帯に押しつけることはしませんが、独身時代から切り捨ていた勘が残っていて実行している。組織にはワイシャツで出向くのがルーチンになっていたので、永年着用していましたが上着型の制服に着替えるので下に着ているものが目立ちません。そこでワイシャツに似せたシャツを買ってきてもらい着るようになりました。洗浄に各回ワイシャツをだしていましたが、その分の費用がいらなくなりました。

ただし席の時はワイシャツを着ていくことにしています。昼めしは同僚の多くは組織のレストランにいきますが、組織のヘルプが消え去り、値上がりしたのをきっかけに弁当にしています。弁当は女の子が組み立てるのがエネルギーだと嫌がるので朝食にでてきた副食を自分で詰めてもっていきます。基本的に海苔弁当が余裕なので、2段にして御飯をつめるだけで幸せな気分になります。
自分の広場のクーラーは夏場冬季まるで使わないで、リビングですごすようにしています。熱帯夜はさすがに暑苦しいのですが、クラウドソーシングなどしてへそくり金がとれる歳月とわりきって結構暑さが緩和する歳月まで起きています。
当や書籍もこれ10時世ほど購入したことが無く、総合書屋で借りている。通年300冊ほど借りているので、登録も増えて一石二鳥だ。毎月3万円ほどへそくりを下さいが、外出するときの汽車勘定と家族で出掛ける外食費に使用しているので、節約しながら所帯に奉仕しているのを楽しんでいるような感じでほとんどだめはしていません。

身辺を見直すととても節約できます!

これまでさすがだというものを見直していらっしゃる。例えば、新聞紙だ。新聞紙はさすが摂るものだと思っていました。
しかし、新聞紙を取ってない人様に出逢い、認識が180度変わりました。新聞紙フィーはひと月3千円ぐらいでしょうか。これだって取らなければ3千円浮きます。

また、男性ならケアフィーはいかがでしょう。連日スーツのショーツは差し換える人様なら、ケアフィーはひと月5千円ぐらい払っているはずです。
これも、消臭剤噴流をしたり、ウォッシャブルスーツにすれば、ケアフィーが浮きます。

ウォッシャブルスーツは以前は良いスタンスでしたが、最近は、イオンで安く並べるので、利用したらいかがですか。
また、こたつを使っていない人様が増えているようですが、こたつを見直すとなかなか暖房費が節約できます。

日々光熱費が高くなっていて、前倒しで電気嵩が上がっているなら、この際、思い切ってこたつで暖を取りませんか。
一家団らんのインパクトがあって、全体ホカホカだ。
また、女の子なら、スキンケア売り物を付け足しましょう。高額なコスメティックはそれなりに甲斐がありますが、昔から使われている人気のスキンケアなら、低単価でしかも高プラスだ。おすすめは花王のビオレシリーズだ。スキンに安心して使えて、しかも、お得です。

コレでわたしは月に1万円は浮かせられるようになりました!

お金が貯まらない、それを解消するには様々なコツがあると思いますが、まずは自分が何にどれくらいお金を使っているのかを把握することから設けるのが肝心で、必要なアイテム、不必要なアイテム、空間があれば買っても良しアイテムの区分けをすることから始めてみました。

本当は生活簿やお元金帳を付けられると良いのですが、それが辛い場合はおフトコロとレシートで統制が簡単ですね。まずは早朝にお財布に10000円入れます。どしどし収益を使ったらレシートを買うようにして、一年中終わったらおフトコロの本文を捜査、レシートを抜いてその日使った総額をメモリーします。

ここで小銭を抜いてまた1万円に戻すのがキーポイント。そうすると毎日の実施総額の方式が楽になります。毎日がしんどいなら1週ごとでもOKです。それが1か月分け前くらいまとまったら、ボールペンを2色つやくらい用意して本文を確認します。ここで、不必要なアイテム、空間があったら買っても良しアイテムに双方色つやを付けていくんですね。それとレシートの弱い総額は基本的にドリンクや雑多なアイテムで消えておる総額なので、基本的に不必要な出金とカウントします。

すると、自分が何にお金をつぎ込んでいるのかが見えてきます。来月からは意識してそれらのアイテムを買わないようにして、おんなじことを繰り返します。数か月もすれば自分のやり方が聞き取れるので、逐一メモリーしなくても自然と節電できるようになります!

節約のために、袋わけ術使ってます。

私は、結婚してから節約のために、袋わけ術を使っています。1ヶ月分の予算のお金を給料日におろしてきて、いろいろな予算を袋に分けて入れておくというものです。日用品代、食費、小遣い、レジャー費、子ども費、外食費を給料日におろしてきて、その項目ごとに袋に入れておきます。食費は、4週に分けて、1週間分ずつ使えるお金を入れておきます。

そうすることによってお金の管理がしやすくなりました。お金をおろすのは、給料日のみにして、なんとか、あるお金でやりくりします。予算をたてて使うことは、本当に大事で、それによってお金のながれも把握しやすくなります。そして、クレジットカードを一切使っていません。クレジットカードを使うとお金の管理がしにくいし、結局お金が手元になくても使えるので、ついつい使ってしまいやすいからです。

なので、私は、絶対にクレジットカードを持たないようにしています。袋わけ術は、簡単だし、お金の管理がしやすいので、本当におすすめです。節約には、予算を決めて、予算以内にお金を使うことが重要だと思います。まずは、1ヶ月にかかるお金をノートに書き出して、予算を

考えていくといいと思います。節約は、大変だけど、貯金が増えていくのは本当に嬉しいことです。これからも節約頑張りたいです。

節約上手は現金で支払うことはしません。

節約する時にクレジットカードや電子マネーで支払いをすると大抵の人は「無駄使いをしてしまう」といって敬遠する人多いと思いますが、実は節約に一役買っている面があります。

確かに、クレジットカードの場合だと支払日が後でまとめて払うという形なのでどうしても無駄使いしがちになりがちなのですが、使い方次第では節約にもなるのです。

例えば公共料金はクレジット払いにしておくとポイントも貯まる上に銀行引き落としと同じ感覚で支払うことができるのです。

電子マネーも現金を先に入れるタイプのものを使えばポイントや割引で節約をすることができるのです。

どちらも、お金の管理が簡単にできるので家計簿をつけなくても十分お金の管理ができるので家計簿をつけるのが苦手という人は現金で支払いをするのではなくカードや電子マネーをうまく活用することをお勧めします。

最近では「VISAデビット」のようにデビットカードで支払いをするということもできるようになっています。

VISAデビットは支払いはクレジットカードのように使えて引き落としは即時に引き落とすという仕組みで、しかも銀行によっては割引やポイントが適用できることもあります。また、VISAデビットを使うことによってATMの手数料を気にしなくても決済できるから結果的にはATMを使わなくてもいいことになるのでその文手数料を節約することができます。

もし、普段行く銀行でこういうサービスがあればぜひ活用してほしいと思っています。

ストレスを溜めない節約の仕方

節約するぞと決めて、すべての贅沢を我慢すると、ストレスも溜まりますし続きません。ですので、節約を決意したら、削れる出費をまずリストアップします。そこから節約ルールを作ります。

節約ルールを作る際のポイントなのですが、今月いくらまでしか使ってはいけないというような、金額のルールは作らないでください。思わずその上限を超えると、自暴自棄になって使ってしまったりするので。そうではなく、出費リストの優先順位をつけてください。優先順位の高いものに関しては、気にせず使ってください。どうしても欲しいもの、使いたいものの為なら、他のことは案外我慢できるはずです。

例えばどうしても食べに行きたいケーキがあるなら、それは使ってオッケーです。しかしその月はその他の娯楽は我慢するのです。好きなものの為に他を我慢するとなれば、我慢とご褒美がセットになっているので、むしろ節約を楽しめます。

特に物欲やそうした欲求はないのに、お金が何故かかさむという方は、絶対自炊することをお勧めします。どんなに安いお惣菜も、ロングスパンで見れば自炊よりは高いのです。それはそうでしょう。人件費から何からが間に入っているのですから。面倒でも、習慣になれば楽になります。いかがでしょう。ぜひ、ストレスを溜めずに賢く節約してみてください。

貯める目的があれば頑張れる

私は、毎月必ず7万円貯金するようにしています。7万以下でもなく以上でもなく、7万。これが、節約生活をしつつも買いたいものを少しは買える額だからです。

本当はもっと自分の好きなことや好きなものにお金をかけたいけど、今の仕事では余裕が無いので節約生活をしています。

なぜ7万円かというと、自分の老後の資金として、60歳までに2000万円貯めたいからです。今28歳なので、このまま7万円ずつ毎月貯金すれば、60歳で2000万円は貯まっている計算です。

確実に毎月貯金できれば2500万円以上という計算ですが、人生何があるかわからないので、貯金ができない期間があることも考えに入れると、まぁ60歳で2000万円ぐらいだろうという考えです。

ずっと節約は得意なほうでした。今は派遣社員ですが、正社員で働いていたころは、手取り月給16万円にも関わらず、年間100万円貯金したこともあります。

まぁ、ボーナスを全額貯金したのが大きかったのでしょう。

お金さえあれば何でも買えるわけではありませんが、お金は無かったら本当に苦労するものです。

老後は、詐欺師などに騙されないよう気をつけつつ、貯金+年金で、死ぬまでお金に困らずに生活していきたいです。