食費のカット

あたしは独身をしているのですが、低減をして転居を考えています。そして、その中でも食費の低減が頂点簡単で頂点削れるので1円でも数多く安く生活できると次々楽しくなっていきます。ちなみに、しょっちゅう超絶のチラシなどを見ながら1円でも短いお仕事場を探してある。製品によっては100円職場などのほうが短い場合もあるので私の場合は生活簿をつけて銘柄と製品のプライス、いつの超絶で買ったかまでリスト化して卵を貰うお仕事場、お米国を貰うお仕事場、野菜を貰うことなどを各回整理して買ってある。そ
して、あたしは常にメインは最寄りの超絶ではなくて食堂のスタッフなどが訴える業務用の超絶に行って食べ物を多量購入しては売れ残りをしています。パンや野菜は冷凍できるし、野菜も比較的にあたしは下ごしらえして徹底冷凍していました。そのほうが、長く製品を払えるし、各週一括多量買い出しをして、これを一ウィークで干上がるという風に考えて生活してある。おかげで食費が独身ですが、食費は1か月5000円ですむようになりました。それまでは、コンビニエンスストアのお弁当やら、おおかずを買ってばかりで外食もいれれば1か月みずから4万円限りかかっていました。なので、1か月3万円限り低減になりました。ほかにも、低減はしていますが、どうしても頂点食費が削れて逆に身の回りを感じるようになったので、健康にも良くなりました。

本当の節約とは本当に満足のいくものだけを買うこと!

今までの私は「節約」と聞くと、安いものを買うことだと思っていました。
その結果、100円ショップに行けば安いからいいか~と言って結局、使わないものまで大量に購入していました。
一か月二か月経てば結局、ゴミになって捨てるという悪循環を何年も続けていました。
でもある時、断捨離をしながら気づいたのです。
こんなに捨てるものがあるという事実に驚愕してしまいました。
節約して頑張っていたのに、あれだけ惨めな思いもたくさんしてきたのに要らないものが山積みになっているギャップにものすごくショックを受けたのです。

それからというもの、本当の節約とは何かを考えるようになりました。
引っ越しを機に今まで通っていたスーパーが遠くなり、まとめ買いをせざるを得なくなりました。
そこで分かったことがあります。
本当に必要なものだけは高くても買うことで、衝動買いが減り満足感を得られるので無駄がなくなったのです。
毎日のように足を運んでいたスーパーも週に1~2回に回数を減らしただけで、食費ががくんと下がりました。
今までなんて無駄な買い物をしていたのだろうと本当に反省しました。

節約とは、何かを我慢することではなく本当に必要なものを厳選して買うことなのだと思います。
この見分けができるようになれば、冷蔵にあるもの、家の中にあるものは全て必要なものだけが置いてあるはずです。
これに気づくことが出来たので、これからは物の買い方に気を付けていきたいと思います。

食費節約のコツ

家計を見直して節約をしたいと思ったとき、まずは固定費を見直すというのが基本のようです。保険や通信費を数千円でも削れたら、年間にすると大きな節約となります。しかし、削り終わったらもうそれ以上削るのは難しいのも固定費です。

我が家の家計も固定費の見直しを行い、今の段階で削れるところはありません。それでも日々節約しやければならないのですが、やはり自分の腕の見せ所で節約できるのが食費です。私は食費の節約のために食品の買い出しは週1回のまとめ買いですませるようにしています。

1週間分のメニューをだいたい決めていきます。少なくとも主菜は決まるようにし、そのために必要なものを書き出して行きます。それ以外のものは買わないようにします。買い物に行くと、安いからとついつい必要のないものを買ってしまったり、子供にお菓子を買わされたり、余計なものにお金を使ってしまいます。

スーパーに行かないということが一番お金を使わないでいられる方法です。メモに沿って買い物をして、週の途中で足りなくなってもあるもので乗り切ります。いくらでも工夫のしようがあるものです。この方法を始めて無駄に買い物に行かないようにしたら、毎月の余部橋梁の余るお金が少し増えたので効果はあると思います。

ダイエットと節約を兼ねてみると効果的!

放っておくと、どんどん増えるのが体重と、それに比例した食費の増加ですが、これを、どちらも目的をもって計画的にプログラムすると、意外と簡単にダイエットできるのです。これは、私が、時々取り入れるダイエットなのですが、食べることが好きだと食費もばかにならなくて、おまけに、洋服が入らなくなるなど本当に不経済ですよね。

そんな、甘えた自分を戒めるためにも、ハッキリとした痩せる意識を持たせるためにも、一か月の食費をまず一万円に設定するのです。結構あるような、ないようなですが、そこは、一つ工夫を足して、糖質ダイエットをプラスするのです。食費で買えるのは、お肉、お魚、チーズ、お野菜、果物、ジュースくらい。

私はカフェオレのための牛乳も加えました。ただ、週に一度は炭水化物をメニューに取り入れます。これが、結構きついのですが、割と効果が高いダイエットで、今までも特に夏場は実地しています。食費一万円はかなり心細いですが、工夫して購入すればそれなりに満足もできます。

最近は、消費税が上がった分きついので、その分はプラスしてもOKとかかなり緩めにしていますし、やはり、エクササイズも取り入れてみたりと欲も出てきたりします。今年の夏の成果としては、3か月で、7キロは減量できました。月一万円も、時々、ご褒美を入れて未だに続けています。

健康と節約について、書いてみます。

私は、ここのところ節約について、考え行動するようになりました。

まだまだ節約の効果は出ていませんが、いずれは数字となって出てくれるものと思っています。

最近思うのが、健康になることで節約効果があるのではないかというものです。

皆さんご存知のとおり、病気になるとお医者さんのお世話になります。

病院へ行くということは、それなりのお金がお財布から出ていってしまいます。

そこで、私は考えました。できるだけ病院へ行かないような暮らしになると、そこそこ節約効果が出るのでは?というものです。

例えば親知らずが生えて、歯医者さんに行くことはやむを得ないものです。

ただ、食べすぎ飲みすぎで生活習慣病になることは、自分自身で対策をとれるのではないかと思うのです。

身体の凝りがきっかけで、頭が痛むようなら、体操をしてみるとか、病気にならないように飲む量や食べる量を控えるとか、いろいろあると思うのです。

歯はきちんと磨くこと、体操をしたりして身体の調子を整えていくこと、早めに寝て寝不足による体調不良にならないようにすること、食べる量は腹八分目にして、生活習慣病を防ぐことを第一に考えて、身体もお財布も健康的な生活を心がけたいと思っています。

あと、健康診断を受けることは、お金がかかっても体調不良を最小限に防ぐためにも良いことだと思います。

私たちは健康な生活で、医療費をできるだけ少なくできるよう、できる範囲内で努めていけると考えています。

私が行っている貯蓄・節約術とは

私が実践している節約・貯蓄方法は、まず情報を集めることです。たとえばネットやテレビで節約術や貯蓄術を紹介しているものを見つけたらチェックして、自分にできそうなものや自分の生活スタイルに合っているものだったら実践するようにしています。今実際に行っているものは、一か月に使うお金をあらかじめ決めて、それ以上のお金をもたない、というものです。日曜日に財布に1万円をいれます。これが一週間の使用可能額としています。

次の日曜日に財布に残っているお金はすべて貯蓄します。そして新しく1万円を入れて次の一週間を過ごす、ということを繰り返します。でも、急な出費があることも予想されるので、緊急用にある程度別の財布に入れておきます。

それはどうしても必要な冠婚葬祭費用や急な病気で通常使いの財布の中身が足りないときなどです。ほしいものは通常使いの財布の中身の範囲内で行います。私は財布の中身が少なくなることに不安を感じるたちなので、ほしいものがあっても週末まで待って買ったり、もっと安く済む方法がないかを考えて買い物をします。

また、それとは別に使用することがあらかじめ決まっている携帯電話料金や通院に必要な額のお金は使用目的別に分けておいておき、そこから使用します。もしあまったら、それも貯蓄に回します。

節約術としては、ポイントサイトやクーポンサイトの利用です。無料登録できるものに登録をして、主に食料(嗜好食品)は無料券や割引券を利用して購入するようにしています。これはダイエットにもつながって私としてはお得に感じています。例えば食べたいケーキやお菓子があったとして、まずはクーポンを探します。

見つかったら買いに行きますが、もし無料券や割引券を見つけられなかったら、買いません。また、菓子パンなどスーパーで購入を検討するときは賞味期限が切れそうで、値引きされたもののみから選びます。その中に自分の食べたいものが見つからなかったら、その日はあきらめて帰ります。

これが私が実践している節約・貯蓄術です。

節約術を勉強してもっと節約できるようになりたい。

旦那、私、娘二人の家族4人暮らしをしています。

実家からでて半年以上ですけど、毎日が節約生活です。

まず、旦那が朝仕事に行く時にクーラー消します。

ベランダのドアや玄関あけて、暑いなら扇風機をつけて過ごしています。

クーラーは涼しいときは、夜の11時とか12時につけます。

暑いときは、はやくても9時ぐらいからつけます。

おふろのシャワーもホームセンターなどにおいてある節水のシャワーヘッドを買いました。

使わないときは、ボタンを押せばシャワーがとまるという仕組みで節水をするというものです。

冷蔵庫は、冷蔵庫用のカーテンを100均でかってつけています。冷風が逃げないようにする物です。

炊飯器も、夕飯の時にお米を炊いて、炊き上がったら食べる分とって電源切ります。

お米が冷めたらお皿にとって冷蔵庫に入れといて次の日食べるときに、食べる分うつしてレンジでチンして食べてます。

もし食べないなら、ラップに包んで冷凍にうつします。

食材も、チラシなどみて安いお店を探したり安い食材を買って料理したりしてます。

でも、全然料理も上手じゃないし、アレンジとかできないので、もっともっと節約でおいしい料理を作れるようになりたいです。

節約の勉強して、もっと節約できるように頑張りたいです。

節約中だけど買っちゃう。

節約しなきゃと思いながら服って欲しくなりますよね。

幸いなことにブランド物がほしいわけではないので、着れればなんでもいいんです(笑)

なので、月にこのくらい!と決めて服を買っています。

探せば安い洋服屋さんってめっちゃあるんですよね。

私が今愛用させていただいている洋服屋さんはとにかく安いんです!

だいたい1900円~5000円くらいですけど、しょっちゅうSALEやってくれるのでそのタイミングで買っています。

SALEだと本当に欲しい色がなかったりもするけどそこは仕方ないとあきらめちゃいます。

なので、SALEで1000円の服を2~3着買って、送料無料の金額にして購入したりしています。

あとは、5着で2500円とか10着で5000円とか、半端ない値段設定のものもあるので、そこでまとめて購入したりしていますね。

昔すごい企画で福袋ならぬ福箱というもので50着10000円という。1着200円やん!という突っ込み入れましたが、

在庫処分なんだなと思ってありがたく購入させていただきました(笑)

こういうのを繰り返していくと、定期的に新しい服が買えたりして気分も上がりつつ無駄使いもしていない感じがして、

節約につながります。

でもこういうのって女性ものの洋服は多いけど男性の洋服はなかなか少ないですよね。

男性の方が節約って難しいのかなーとふと思いました。

コンビニはうまく活用しないと節約から遠ざかる

今やコンビニは災害時対策用としても活躍の場となっており、私達日本人にとってはなくてはならない存在となっているように感じます。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなど、昔はコンビニであればそれほどどの店舗に入ろうが差別化があまりなかったのですが、今はそれぞれかなり差別化されている気がします。新規アイデア商品を定期的に導入する店舗もあれば、あまり発展が感じられない店舗などかなり形態が変わってきていますね。

そんな日本全国至る所に蔓延しているコンビニですが、コンビニは基本的にスーパーのように割引をしないため、日常生活でコンビニを利用するときは気を付けなければなりません。よって、何も考えずに毎日のようにコンビニが手軽だからと適当に商品を気の向くままに購入している人はまず節約できないでしょう。

それではコンビニを使うのをやめるのか、というとそういうわけではありません。うまく活用して節約につなげるのがキーポイントです。一度コンビニの商品をすべて時間をかけてゆっくり見て回りましょう。すると、各コンビニチェーンでスーパーなどよりも安い商品がある、ということを発見できます。例えば、一般的にスイーツ類は内容の割に割高傾向があります。断然本格的なケーキ屋さんや和菓子屋さんで購入したほうが最終的にはおいしい上に節約にも結び付くでしょう。それとは正反対に、1リットルの紙パック飲料や菓子パンなどは意外とコンビニのほうが安かったりしますし、冷凍食品もスーパーで購入するよりもおいしく安いものが結構あったりします。

上記は食べ物だけに限って例を挙げましたが、それ以外の日用品や文具なども、一度ひとつひとつ商品の値段をチェックして比較してみることをお勧めします。そして割高設定されている商品の購入は控えるようにし、それとは別にスーパーなど他店で購入するよりも安い商品はコンビニを利用する、という考え方に切り替えると少しずつ節約できる体質へと切り替えていくことが可能となるでしょう。塵も積もれば山となるですよ。

交際費や娯楽費を節約する方法。

交際費を節約するにはできる限り人との交流をなくすことが一番手っ取り早いのですがそんなことはなかなかできないので、できるだけ自分と金銭感覚や考え方の似た人とお付き合いをすることが良いと思います。ランチなどでも出せる金額は人によってかなり差があると思います。無理のないお付き合いをできる人を探せたらいいと思います。

職場でもお付き合いも本当に必要なことなら仕方のないことですが、全部参加するのではなく、少し絞ってみるのも自分の時間も金銭的にも良いと思います。娯楽費は旅行やレジャーなどは今は行く前にネットや雑誌などでたくさん情報が載っていますのでそれを参考に少しでも値段が安い所を探したり、早めに予約して割引を受けることが可能です。

特に特別な所へ行かなくても近場でも楽しい所はたくさんあると思います。お子さんがいらっしゃるご家庭なら近くの公園へお弁当をもってお出かけするだけでも十分楽しめると思います。よく行く遊園地や水族館や動物園などは年間パスポートを使えば1年間何度も楽しむことができます。

季節によって違うものが見られたりして、毎回違うところへ行くよりも面白いこともあります。時期によってもかなり値段が違うのでよく検討すると良いと思います。