みるみるお金が貯まる簡単貯金法

“「貯金」とは読んで字の如く、金銭を蓄えることです。

浪費癖が直らず、すぐに給料を使い果たしてしまう・・・
欲しい物があって貯金を始めたものの全然貯まらない・・・

貯金を始めたものの上手くいかず挫折、というのは誰にでもある経験です。
今度こそは成功させて、目標を達成する!そんなあなたの為にお勧めの貯金法をご紹介します。

まず準備から。
使うのは、一本の「ペットボトル」です。この中にお金を入れます。
まず、(中身の飲料は全て飲み切って)小銭が入るように、口の少し下の部分を切ります。
出来上がったら、外出後家に帰ってきたときに「必ず目に付く場所」にこのペットボトルを置いて下さい。
例えば玄関先などが良いと思います。

そして実践。やり方は非常にシンプルです。
まずルールとして、「家の外ではお札だけ使う」、と決めてください。
そして、その日から帰宅するたびに、「財布の中の小銭を全部」をペットボトルの中に入れましょう!

この貯金法のメリットは3つあります。
・いくら貯金するか、いちいち迷う必要がない。
・透明のペットボトルに入れることによって、毎日の成果が分かりやすい。
・無駄使いが減る(ジュース一本でも千円かかってしまう)。

ちなみに私はこの貯金法を実行した結果、一ヶ月で3万円近く貯まりました。

皆さんもぜひやってみてください。”

なるべく節約して貯金額を少しずつ増やす

節約って結構難しいですよね。無駄使いすると家計に響いたりしてくるのでね。

節約するにあたって最低限これだけはやった方が良いかな?(私的に)

電気のつけっぱなしですね~用事のない所の電気もつけっぱなしにしてるとほんとその分勿体無いと思うんですよね!後は水道の出しっぱなしもありますよね!例えばシャワーの水を出しっぱなしにしてるとか…よく聞きますよね。いちいち蛇口をひねってシャワーを出すって手間なのは分かりますがそこは節約のために毎回毎回ちゃんと蛇口を閉めましょう。それだけでも水道代は違ってきますよ!

コンセントの差しっぱなしとかですね!電子レンジの線、ゲーム機の線、電気ケトルの線とかも使わない時は外しておきましょう!

貯蓄となると皆さん月になんぼか貯金してると思いますが、私はそれでも良いと思います!

後は500円玉貯金とかも良いかもしれません!でも500円玉貯金はなかなさ貯まりませんので気長にしていくと良いです。なんせ500円玉があんまり出てこないのでね…(笑)

っと私が挙げたほかに節約法、貯蓄法色々あると思います。私も今節約を主に頑張っています!汗

かと言って今、夏場は扇風機だけで過ごすとか無理しないでクーラーと扇風機を上手く活用して部屋を涼しくして下さいね

後もう一つ節約は面倒臭いです…(笑)

細かくこつこつ節約、貯蓄のコツ

“日々、様々な節約をして少しでも貯蓄をしようと皆さんもがんばっているかと思います。
やっている方も多いと思いますが、やっていない方もいると思いますのでチェックついでに見ていってください。
まずは節水ですね、なんでしたら、節水シャワーや蛇口に節水するためのコマを着けるのも良いです。
溜め桶に水を貯めてその中だけで洗うのも丸です。すずぐだけで良いくらいにお皿はあらかじめ汚れを拭き取っておくとより節水できます。
毎日やることで水道代が半分にまで落ちることあります。
次によく多くなるのは電気代。
まずは単純に使わない物はコンセントを抜くこと。待機電力も毎日だと数百円単位で無駄です。
次に明かりはこまめに消すこと、出来るならワット数の低い物に変えるのも吉。毎日使う部屋の明かりなどは必須に近いです。
エコという言葉があるように、昔からずっと使っている家電などが実は一番の電力消費なっていたりします。
テレビ、エアコン、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジなどなど。
省電力モデルに切り替えると数千円単位で電気代が変わったりします。
昔からある家電があるなら一度買い換えも視野に入れてみてください。元を取り戻すのもそんなに遅くありません。
次に電話代、今だとスマホ代が分かりやすいかもしれません。
これは見直しに行くのが早く、分かりやすいです。
使っていないサービスの月額課金であったり、データプラン料金の見直し、家族で使えるシェアプランなど、上手くすれば家族全員見直しで万単位になる方も
います。是非一度見直しに行ってみてください。
いかがだったでしょうか?是非皆さんも一度確かめてみて、実際に試してみてください。”

生計簿と低減について

物件など大きな配達のために節電に取り組む顧客は多いものです。節電をやる人の中には、家計簿を通常欠かさず付けて、ちっちゃな徒労を無くす努力をして掛かる顧客も結構多いものです。
しかし、身の回り家計簿を付けて管理するのは、食費がコアでしょう。食費や雑費の無駄を省く事も重要ですが、それ以上に大きな費消通知を節約する工夫をする事が重要です。
3か月弱家計簿を付ければ、家計に占める通知毎の費消の素因は把握できます。こういう通知毎に節電策を位置付ける面に意味があるのです。例えば、通信費のウエートが良いと思えば、思い切って携帯からガラケーに立て直すとか、光通信をADSLに引き戻すとか、思い切った節電施策を取る事が重要なのです。
電気代なら、こまめにライトを下回る事も必要ですが、ライトツールや電球を消費電力の数少ないLEDライトに換えるなど、本質的に改善できる手段を講じるのです。そういった大きな施策で節電できた給料は、積み立て貯えで確実に預金に回せるようにし、知らぬ間に節約した儲けを無駄に使うような事が絶対無いように行う。
こうすれば、面倒な家計簿を通常付けるより、はるかに効率良く節電できるはずです。こんな大きな徒労を抜本的に進展でき、なお細かい節電を目指すなら、食費など日常の費消は、値段を割りふり、それ専用の金入れなど装備すれば、家計簿を置きなくても節電を意識して配達ができるはずです。それほど家計簿を作り上げる事が目的となってしまわないようにする事が大切ですネ。

削減のためには、自家製食べ物は必須です。

減額についてですが、やりくり簿をにらみながら、月間何かと試していますが、働きが最新に見えて表れ易いのは、さすが食費ではないでしょうか。

わたくしは、昨年の年間、頂点食費の安かった毎月の費用を、やりくり簿から選び出し、これを来季の毎月の食費の目安として金額を形づくり、こういう費用を通り抜けることがないみたい、家計をするようにしています。

食費を節約するには、何より夕食を自分で作る、ということです。
安く手に入る旬の野菜を朝市や時間献上などで受領、たいして連日変化の数少ない、キノコ集まりともやし、それら三つの元凶を基本に、朝昼間夜中のコース、お弁当、キャプチャー食などを仕立てるようにしています。

多目に作って、親や兄妹、知り合いなどにお裾分けしておくと、逆に頂く場合もあったりして、使えることも、しばしばあります。

節約しすぎて挑発を見まがうのも嫌なので、外食はケチらないようにしていますが、出来合い副食を買わないだけで、至極減額に繋がっていると思います。

また、手作りの夕食は身体にも良のか、健康管理にも一役かっているようで、感冒など日々の体調不良も憶えることも断じて無く、今、大病もしていないので、病院にかかる費用も減額できていると、自負しています。

身の回りを整理して無駄な買い物をやめました

自分の身の回りをしっかり把握して整理することが貯蓄や節約につながると思いました。私はトイレットペーパーや歯ブラシなどの日用品や乾物やお菓子などを安いときにたくさん買いだめしてストックするということをよくしていたのですが、必要な時にどこにしまったのかわからなくなってしまってストックがあるにも関わらず新たにお店に買いに行くことがよくありました。

そうしているうちにストックしたものは古くなり、食品は期限が切れてしまったりしてせっかく安く買ったのに処分することになってしまうこともありました。ストックは1つまでと決めて必要以上に持たないと決めました。これで無駄な出費を抑えることもできますし、収納もすっきりするので探す時間や手間もなくなりました。

今本当に必要なものだけを買って、安いからと言って余計なものを買わないと決めると買い物の時間も少しで済みますし、疲れないので帰ってきた後お菓子をつまんでお茶することもなくなりました。お店のポイントカードも以前はたくさん持ってたのですが、本当によく使うお店のものだけを選んで後は処分しました。今はクレジットカードもありますので、普段あまり行かないお店のポイントはクレジットカードで払ってそちらでポイントが付くので良しとしています。

小さなことをこつこつと。

我が家で実践している節約と貯蓄方法と言えば、給料日に一ヶ月分の必要な金額だけを引き出して、それでやりくりするというものです。基本、食品や日用品など日常の買い物は現金で、それで一ヶ月間暮らすようにしています。勿論、急な受診や御不幸など、突発的な出費はどうしてもあるので、そういうものは別としています。

そして、予め出費がわかっていて、細かいお金が必要であれば、お金を引き出すときに両替も済ませてきます。そして袋分けして管理しておけば、残ったお釣りでついつい何か買ってしまうということも防ぐことができるので、私には向いている方法です。

生活費と毎月口座引き落としの諸々が給与振込より少なければ、必然的に口座に貯まっていくので、最初に必要経費を出してしまえば後は何も悩むことはありません。今は、各企業でクレジットカード会社と提携していてカードを使う方がお得な場合もありますが、それも使い方や考え方次第で、カード払いの方がお得!という謳い文句を信じてしまうのも、自分にとって得かどうかを考えてからではないと誰にとっても特になるわけではないことは肝に銘じておかなくてはならないと思います。

そして、馬鹿にならないのがATM手数料や振込手数料など微々たる金額の積み重ねです。そうした些細な手数料やポイント還元などもコツコツ継続してこその節約、そして貯蓄に繋がっています。

一番の節約は自給自足に限ります。

我が家は四人家族なのですが、最近子供の食べる量が増えてきたため、食費がかかるようになってきました。

しかし、食事は体を作る素ですからケチるわけにもいきません。

そこで、試しに庭で野菜を作ってみることにしたのです。

今まで雑草が生えていた庭を耕し、初めて牛糞などの肥料も撒いてみました。

すると、意外に簡単に畑ができたのです。

それからは、冬には大根や白菜、人参、ほうれん草などを育てて週に何回も鍋をして食べるようになりました。

また、夏にはナス、ピーマン、きゅうり、ゴーヤ、トマト、トウモロコシなど非常に多くの種類の野菜を育てています。

その合間の季節には、じゃがいもや玉ねぎ、にんにくなど保存が出来る野菜も育てて備蓄も完璧です。

畑の土を作り、育てる野菜を決めて植え付けて毎日水をやっていると、野菜たちの日々育っていく姿に子供たちも大喜びです。

特に収穫量の多くなる夏休みには、子供たちは小腹が空けば庭に出てトマトやキュウリをもぎ取って食べるようになりました。

また、夕食を作る時間になると一緒に庭に出て収穫できそうな野菜を探すのがすっかり習慣になりました。

さすがに肉や魚は自給自足できないので、スーパーで購入していますが、野菜はほぼ自給自足できるようになりました。

土の改良に必要な肥料や野菜の苗などの初期投資は必要ですが、十分に元がとれています。

食費は格段に下がり節約には大成功です。

そして、子供たちは野菜の成長する姿に触れることが出来るので情操教育としても良いのではないかと思っています。

節約・貯蓄をするために必要なこと

節約・貯蓄をするにあたって重要なのは、稼いだお金をどれだけ残すことができるか、です。

まず、わたしはお給料日になるとまず全額引き出します。そして、最初に貯金する分だけ避けておきます。毎月一万円貯金すると決めたら、最初に封筒にいれて取っておくか、口座に入れておきます。引き出した分で1ヶ月生活するのです。

少しずつ、必要な時に必要な分だけ引き出してしまうと、いくら使ったのかわからなくなってしまい、結局使いすぎてしまったりすることもあるので注意が必要です。しかし、最初に使う分と貯金する分とを分けることによって、使いすぎることを予防できます。そして、翌月の給料日に、前月分の余ったお金は貯金へと回します。そうすることによって、毎月確実に貯金することができます。稼ぎが多かった場合は、最初に避けておく貯金分も多くしておきます。

また、食費は毎月必ずかかるもので、なるべく控えるようにするには、飲み物は家から必ず持っていきます。水かお茶をペットボトルか水筒に入れていきます。毎日飲み物を買う人に比べて、100?150円の節約をすることができます。月に換算すると3000?4500円です。毎日のこつこつした積み重ねですが、積もれば大きくなります。

節約・貯蓄は日々の積み重ねです、ご褒美もたまには必要ですが!

私の貯蓄の仕組

積み増したいと思っている顧客はたくさんいると思いますが、まずまず賢く貯められない顧客は多いと思います。
そういった私もこれまでそうでした。
近年は、将来のことを考え、本気で貯えをしなくてはいけないと見なし、考えを改めました。
ここで、自分がどうして貯えをしていくようにしたか紹介します。
とにかく一つ目は、ひと月報酬が入った瞬間に貯えに回したい小遣いを別ポッケに移します。
そして、移したポッケの通帳やキャッシュカードを持ち歩かないようにしています。
持ち歩いてしまうとまだまだ小遣いに困ったときにひとりでに手を出してしまうからだ。
二つ視線は500円玉備蓄だ。
500円玉がポッケの中に入ってきたら、絶対に使わないようにして、その日実家に
帰ってから本当に備蓄器に入れるようにしています。
500円玉備蓄でひと月5000円ほど、多いときは1万円間近貯めることができています。
以上の2つのことを始めて、ひと月地道に貯えが出来てきました。
貯えは余裕ようにするのが望みだ。しかし、精神がしょうもない顧客やコミッションが僅か顧客は
まだまだ無理をしてでも、貯めたい分小遣いを別ポッケに移し、残る小遣いで毎日節約しながら
過ごして行くことをしないといつまでも留まりません。
日々の低減も初めはきついですが、慣れると小遣いを使わなかったお天道様は嬉しくなり心中も上がります。
初めのうちは我慢して継続するみたい地道にやりましょう。